四家秀治の「ナイス!ピンアクション」−55

 芸能人ボウラーの代表格!! 村田雄浩 氏 ・ マギー審司 氏
芸能人ボウラーの代表格!! 村田雄浩 氏 ・ マギー審司 氏
(ボウリングスタイルより掲載)
第55回
第54回
第53回
第52回
第51回
第50回
第49回
第48回
第47回
第46回

第45回
第44回
第43回
第42回
第41回
第40回
第39回
第38回
第37回
第36回
第35回
第34回

第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回

第13回
第12回
第11回

 
 第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回

●ボウリングのすばらしさを発信していきましょう!

 あけましておめでとうございます。
 2015年は、このコラムで今までにも増してボウリング界に文句ばかり言ってきたような気がします。
 今年は、ぜひ、絶賛できるようなことが続きますように。

 ところで…
 新しい年を迎えるにあたり、昨年、ボウリングで世間一般に報道された話題といったら何だったのかを考えてみると、
一番多かったのが2020年東京オリンピックへ追加種目への挑戦の過程と残念ながら採用されなかったという結論に至るまででした。
 次が7月に千葉の幕張メッセで行われたワールドオープンでの観客席崩落事故。
これはインパクトという点では残念ながらかなり大きいものがありました。

 それ以外では・・・ほとんど思い当たりません。
 そもそも2014年以前もボウリングはほとんど報道される対象となる競技ではありません。
 今から10年ほど前までは、とにかくボウリングを競技として
少しでも報道してもらおうとする動きが業界内にあったのですが、今は皆無といっていい状態です。
かろうじて、プロの公式戦があるとき、新聞のスポーツ欄「きょうのスポーツ」等に
その会場が載ったりするぐらい(でも翌日結果が載っていなかったり)です。

 フィギュアスケート羽生選手、テニス錦織選手などの例を出すまでもなく、
世界を舞台に活躍しなければ、多くのスポーツは報道の対象にはならない時代です。
3ヶ月前、このコラムで話題にさせていただき、今や時の人になってしまったラグビーの五郎丸選手にしても
ワールドカップでの日本代表の活躍抜きには語れません。
 「2020年東京オリンピックでボウリングが採用されたら状況は劇的に変わります」
と業界内で声高に言っている人がいました。確かにそうだったかもしれませんが、これは、言い換えれば
「業界としてボウリングをメジャー化するための努力はしない、オリンピックの力を借りて世間の注目を集めよう」ということです。
 もっと業界自ら世間に注目されるよう何か工夫すべきなのです。

 ボウリングの“世界への挑戦”ということでいえば、昨年も川添奨太プロなど数人の若手男子プロは
積極的に海外のトーナメントに参戦しましたが、それもほとんど報道されませんでした。
結果が全然…ではなかったにせよもう一息だったということもありますが、
例えばワールドシリーズをもし日本人の誰かが制覇したとしてもそれが報道されたかどうか…。
 アマチュアに関しても、11月に行われたQubicaAMFワールドカップで、
男子佐々木智之選手が5位、女子向谷美咲選手が10位と
世界のトップに手が届かないことはないと感じさせる成績を残したのですが
全く報道されていませんから。

 この際、業界全体はどうでもいいから、今年は改めて
「ボウリングっていいよ!日本人も海外のトーナメントでがんばっているし」
と口コミで広めていきませんか?

 ボウリングのすばらしさを日々、一番訴えて邁進しているのが
人気女子プロボウラー――多くはPリーガー――の皆さんなのを私はこれでも痛いほどわかっているつもりですので、
女子プロボウラーの皆さんにはホント、頑張ってほしい、
今年は女子プロボウラーの皆さんにもどんどん世界に挑戦してほしいですが、
ボウリングを愛する皆さん、ボウリングのすばらしさをこの際、2016年は、個人的に、
でいいですからいままで以上に発信していきましょう!

 今年もどうぞよろしくお願い致します。

四家 秀治 (よつや・ひではる)

四家 秀治 (よつや・ひではる)

元テレビ東京アナウンサ− 2011年7月からはフリ−。テレビ東京在職中は、ボウリングの実況を多数経験。東京運動記者クラブボウリング分科会代表幹事と、武部勤衆議院議員が会長であるボウリング評議会の理事を2011年3月まで務めた

前の「記事」へ戻る 「全公協たより124」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ