スポーツと砂糖-11

沖縄・新城の海
沖縄・新城の海

スポーツと砂糖-11
スポーツと砂糖-10

スポーツと砂糖-9
スポーツと砂糖-8
スポーツと砂糖-7
スポーツと砂糖-6
スポーツと砂糖-5
スポーツと砂糖-4
スポーツと砂糖-3

スポーツと砂糖-2
スポーツと砂糖-1

悲しい過去をもつ南国の酒−2
悲しい過去をもつ南国の酒−1
織田信長と砂糖−3

織田信長と砂糖−2
織田信長と砂糖−1
子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠

砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品


砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度
ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴


砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ
砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●運動と砂糖 園田学園女子大学 准教授 餅 美知子 氏

 糖質補給は「試合中に即効性を求めるのか」「明日への疲労回復のために補給するのか」などタイミングを考えながら行われている。このタイミングに利用されている考え方の一つとして、1990年代より脚光を浴びてきたのがGlycemic Index(グリセミック・インデックス。以下「GI」という)を考慮した摂取法である。GIとは食後血糖値の上昇度を示す指標のことで、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までに血液中に入る糖質の量を計ったものである。つまり、GIは、インスリンへの刺激の強さを示す指標であると言える。インスリンは食事や運動によって上昇した血糖を下げて、血中濃度を一定に保つ働きをするため、インスリンを刺激する食品は、筋肉や脂肪組織に取り込まれやすいと言われている。また、GIは一般的には多糖類よりも二糖類や単糖類で高いため、パスタや玄米と比較して、コーンフレークや食パンなどの食品はGIが高く、砂糖が入った飲料は果糖の多い100パーセントジュースよりもGIが高いのである。砂糖は、インスリンを刺激して糖分を筋肉や脂肪組織に取り込みやすいのである。この特性を利用して、運動の活動開始までに時間がない場合や速やかな回復を望む場合には、GIの高い食品を摂取し、開始までに時間が十分にある場合や練習後には、GIの低い食品を摂取し、時間を掛けてエネルギーにするのである。このような工夫で試合前中後の食事の摂取タイミングによる献立作成や食事の摂取が行われている。市販されているスポーツドリンクもこれらの考えを含め、砂糖や果糖を主にしたさまざまな工夫がされている。
(つづく)

農畜産産業振興機構HPより掲載

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより132」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ