全公協News

霧氷の稜線(愛媛県 西条市・伊予富士)
霧氷の稜線(愛媛県 西条市・伊予富士)
 
2016.12
2016.11

2016.10
2016.9

2016.8
2016.7
2016.6
2016.5
2016.4
2016.3

2016.2
2016.1

2015.12
2015.11
2015.10

2015.9
2015.8
2015.7
2015.6
2015.5
2015.4
2015.3
2015.2
2015.1
 
2014.12
2014.11

2014.10
2014.9
2014.8
2014.7

2014.6
2014.5
2014.4

2014.3
2014.2
2014.1
 
2013.12
2013.11
2013.10
2013.9
2013.8
2013.7
2013.6

2013.5
2013.4
2013.3
2013.2

2013.1
 
2012.12
2012.11
2012.10
2012.9
2012.8

2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1


2011.12
2011.11

2011.10
2011.9
2011.8
2011.7
2011.6
2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1

2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1
2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1


2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1
2006.12
2006.11
2006.10

●JBC・全公協組織の将来像に関する話し合いについて

 全公協は、第129回理事会結果に基づき、下記の通りJBCと話し合いを行った。

開催日時    平成28年10月27日(木)15:30〜17:00
会場           東京都港区・仏教伝道センタービル 会議室
出席           全公協 伊藤会長、藤元副会長、丹下副会長、金子事務局長
                  JBC 吉岡副会長、斉藤専務理事、佐藤常務理事、不破理事

報告           1.JBCから次の提案(希望)があった。
        @ 競技場は、当協会の認証検査を受け合格した後、公認競技場として当協会に登録する
        A全公協への加盟、非加盟については、各公認競技場が判断とする(全公協加盟は公認競技場登録の必須条件としない)
        B公認競技場の検査方法、公認料金等を見直す
        2.全公協は上記提案を受けて、今後、JBCに対してどのように対応するかを引き続き検討することとした。
         次回の全公協会長・副会長会議の開催は12月16日(金)の予定

追加報告    今回のJBC提案は、JBC内での公認競技場未来検討委員会(7月兵庫開催)、地区代表理事会議(10月岩手開催)での決定に基づいて行われた模様です。しかし、全公協に対しては根回し(事前相談・調整)が全くありませんでした。その後、JBCから各連盟に対して「公益財団法人全日本ボウリング協会 公認競技場制度の見直しについて」という文書が、配布されましたが、その内容についても、全公協は上記(2)通り、同意している訳では、ありませんので、ご報告申し上げます。

「全公協たより135」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ