全公協News

白鳥・松山に飛ぶ
 白鳥・松山に飛ぶ
 
2017.2
2017.1
 
2016.12
2016.11

2016.10
2016.9

2016.8
2016.7
2016.6
2016.5
2016.4
2016.3

2016.2
2016.1

2015.12
2015.11
2015.10

2015.9
2015.8
2015.7
2015.6
2015.5
2015.4
2015.3
2015.2
2015.1
 
2014.12
2014.11

2014.10
2014.9
2014.8
2014.7

2014.6
2014.5
2014.4

2014.3
2014.2
2014.1
 
2013.12
2013.11
2013.10
2013.9
2013.8
2013.7
2013.6

2013.5
2013.4
2013.3
2013.2

2013.1
 
2012.12
2012.11
2012.10
2012.9
2012.8

2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1


2011.12
2011.11

2011.10
2011.9
2011.8
2011.7
2011.6
2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1

2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1
2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1


2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1
2006.12
2006.11
2006.10

●全公協通達文書(平成29年2月2日付) JBC「公認競技場新制度」への対応について

 日頃は当協議会の活動に格別のご協力とご支援を頂き厚く御礼を申し上げます。
 さて、掲題の件につきましては、JBCより1月27日付文書にて皆様の所に通知がなされたと思います。また、近々、JBCより「公認競技場新制度」の料金体系等が通知される予定です。
 本件は、スポーツボウリングの振興を目的に、40数年来共存共栄関係にある当協議会との合意なしに、JBCが一方的に通知されました。
 当協議会は、JBCが今回の「公認競技場新制度」を4月1日より実施するに当たっての根拠にしている内閣府の指摘が、実際はどのような内容であるのか等を十分調査の上、3月6日の理事会で協議、JBCに対する対応内容を決定し、5月の総会に於いて正式決定する予定です。
 つきましては、皆様には理事会決定次第ご報告申し上げますので、事情充分にご理解頂き、また当協議会の今後進む道等についてもご意見頂きますようお願い申し上げます。

●JBCとの話合いの経緯

(1) 平成26年〜27年 各地区に於けるラウンドワンの全公協加盟について、この問題を話合って、ラウンドワンの全公協加盟を一時的に棚上げした。
(2) 平成27年1月8日 JBCの呼び掛けにより「JBC・全公協組織の将来像」に関する検討会をスタートさせた。全公協は丹下副会長、金子事務局長が、JBCは曽我常務理事、吉岡常務理事が窓口となった。以来、平成28年2月23日までに、計5回話合いを行った。しかしながら結論は出ずに継続協議となった。
(3) 平成28年7月26日 JBCは全公協に何ら連絡・相談なく「公認競技場未来構想検討委員会」を、また10月8日「地区代表理事会議」を開催して、今回の「公認競技場新制度」を決定した。
(4) 平成28年10月27日 JBC吉岡副会長・斉藤専務理事・佐藤常務理事・不破理事の4名、全公協伊藤会長・藤元副会長・丹下副会長・金子事務局長の4名で話合いを行った。この話合いで、JBCは内閣府の指摘により実態のない又法人格のない任意団体である全公協から助成金(年間700万円)を受け取るわけにはいかない。今後そのようなことをした場合には公益財団法人を取り消される恐れがあるので、今後は全公協との関係を解消し、JBC独自に「公認競技場新制度」を行いたい、と一方的に言われた。全公協はJBCの話を持ち帰り検討することにした。また、この席に北川会長が出席されなかったことから、後日、会長同士の話合いを行うことを提案した。
(5) 平成29年1月18日 JBC北川会長・吉岡副会長・斉藤専務理事の3名、全公協伊藤会長・藤元副会長・丹下副会長・金子事務局長の4名が話合った。激論となったが、両者の話し合いの歯車はかみ合わなかった。JBCの主張は、「公認競技場新制度」を早期に実施し組織を守るという事に終始した。全公協はボウリングの振興発展を目標にして考えるべきだと、引き続き話合いを行うことを提案した。
(6) 平成29年1月27日付文書で、各公認競技場に「公益財団法人全日本ボウリング協会 公認競技場新制度の見直しの経緯について」が通知された。(全公協には何ら連絡なし)
(7) 近々、上記「公認競技場新制度」の料金体系等が各公認競技場に通知される予定です。(全公協には何ら連絡なし)

●全公協・第130回理事会開催(予定)

開催日時  平成29年3月6日(月)15:00〜17:00
会場      東京都港区・仏教伝道センタービル 会議室
議題      1.全公協の対応について
          2.平成28年度事業報告・収支決算見通し
          3.平成29年度方針案・事業計画案・収支予算案
          4.その他

ねんりんピック おいでませ!山口2015
ねんりんピック おいでませ!山口2015

●第1回ボウリング愛好者の実態調査のアンケート調査結果(中間報告)

 平成28年11月、全公協は各会員センターにおけるボウリング愛好者の人数等を把握するために、実態調査のアンケートを行った。中間報告は次の通り。
・回答数 122センター(有料会員制制度有111センター・無11センター)
・有料会員人数合計 43,867人 1センター平均 395人
・有料会員人数別・センター数
0〜100人       15センター
101〜200人      27  〃
201〜300人        9  〃
301〜400人      17  〃
401〜500人      12  〃
501〜600人      12  〃
601〜700人        6  〃
701〜800人        6  〃
801〜900人        2  〃
901〜1,000人         0  〃
※1,000人以上        5  〃
※ 1,200人(2c)、1,325人(1c)、1,400人(1c)、1,500人(1c)
・JBC会員活動人数合計 3,923人数 1センター平均 24人

「全公協たより137」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ