和菓子と砂糖の蜜なる関係−1

藤の花
藤の花
 
和菓子と砂糖の
蜜なる関係−1

スポーツと砂糖-16

スポーツと砂糖-15
スポーツと砂糖-14
スポーツと砂糖-13

スポーツと砂糖-12
スポーツと砂糖-11
スポーツと砂糖-10

スポーツと砂糖-9
スポーツと砂糖-8
スポーツと砂糖-7
スポーツと砂糖-6
スポーツと砂糖-5
スポーツと砂糖-4
スポーツと砂糖-3

スポーツと砂糖-2
スポーツと砂糖-1

悲しい過去をもつ南国の酒−2
悲しい過去をもつ南国の酒−1
織田信長と砂糖−3

織田信長と砂糖−2
織田信長と砂糖−1
子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠

砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品


砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度
ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴


砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ
砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●和菓子と砂糖の蜜なる関係 京菓子司 甘春堂 木ノ下稔氏

 お菓子に砂糖は欠かせません。特に和菓子は、砂糖の開発・改良と共に、その形状を変えて発展してきました。古代の日本人は、自然の果実を菓子として扱い、その甘さを追求してきました。そして、そこに日本人ならではの美意識を入れ込み、茶席の菓子として大いに発展してきました。江戸時代には、和菓子の製法の確立や新素材の発見により、大成を迎えました。
 今回は、和菓子と砂糖の密なる関係について、お話させていただきます。

和菓子の歴史

〜 果子から菓子に、そして和菓子へ 〜
 和菓子と砂糖は、発展において非常に密接な関係がありました。この章では和菓子と砂糖の歴史についてお話します。

・古代の菓子
 もともと日本では木の実、草の実を総称して「くだもの」と呼び、中国より文字や漢字が伝来すると、その当て字として「菓子」の字をあてるようになりました。すなわち、古くは「菓子」とは、果実のことで、果物と実を包括した言葉でありました。それらは主食である穀物などからの栄養分の不足を補う役割があり、それと同時に甘みを持つものもあったため、嗜好品としての役割もありました。

 奈良・平安時代になると仏教の伝来と共に大豆餅、小豆餅といった米や麦、胡麻などの穀物を原料とした食べ物も加わりました。この頃の砂糖の代わりとなる甘いものは石蜜(蜜をかためた物)や甘蔗(サトウキビ)などで、中国から運ばれ、餅類に加えて食されました。

夏衣
夏衣

・唐菓子
 当時は、果物を菓子と称していたため、中国から伝来した菓子を唐菓子(からくだもの・からかし)と呼びました。これら唐菓子は、糯米(もちまい)、粳米(うるちまい)、麦、大豆、小豆などを主原料に、肉桂(ニッキ)や丁子(ちょうじ)等の薬用のものを加えた餅にして、胡麻油で揚げて作ったものでした。

 唐菓子の種類(注)は「八種(やくさ)の唐菓子」として、梅枝(ばいし)、桃枝(とうし)、?餬(かっこ)、桂心(けいしん)、黏臍(てんせい)、??、(ひちら)、鎚子(ついし)、団喜・歓喜団(だんき・かんぎだん)がありました。この他にも??(ぶと)、?餅(まがりもち)、結果(かくなわ)、捻頭(むぎかた)、索餅(さくへい)、粉熟(ふずく)、?飩(こんとん)、餅?(べいだん)、??(はくたく)等が有りましたが、これらは大寺、大社の供物にのみ用いられました。これらの唐菓子の中から、今日の団子、饅頭、煎餅などがうまれました。また、平安京の市では甘葛煎(あまづらせん:蔓などを煮た甘い煮汁)や飴(当時は蜜)などの甘味料が売られていました。この甘葛煎を使った菓子が源氏物語に出てきます。椿餅(つばいもち)という菓子です。

 このように、仏教の発展と共に唐菓子や餅などの和菓子の原点ができあがり、主食・補食的な役割を果たしてきました。





(つづく)

独立行政法人 農畜産振興機構HPより掲載

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより138」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ