全公協News

皇居
 皇居
 
2017.4
2017.3
2017.2
2017.1
 
2016.12
2016.11

2016.10
2016.9

2016.8
2016.7
2016.6
2016.5
2016.4
2016.3

2016.2
2016.1

2015.12
2015.11
2015.10

2015.9
2015.8
2015.7
2015.6
2015.5
2015.4
2015.3
2015.2
2015.1
 
2014.12
2014.11

2014.10
2014.9
2014.8
2014.7

2014.6
2014.5
2014.4

2014.3
2014.2
2014.1
 
2013.12
2013.11
2013.10
2013.9
2013.8
2013.7
2013.6

2013.5
2013.4
2013.3
2013.2

2013.1
 
2012.12
2012.11
2012.10
2012.9
2012.8

2012.7
2012.6

2012.5
2012.4
2012.3
2012.2
2012.1


2011.12
2011.11

2011.10
2011.9
2011.8
2011.7
2011.6
2011.5
2011.4

2011.3
2011.2
2011.1

2010.12
2010.11
2010.10
2010.9
2010.8
2010.7
2010.6
2010.5
2010.4
2010.2
2010.1
2009.12
2009.11
2009.10
2009.5
2009.4
2009.3
2009.2
2009.1


2008.12
2008.11
2008.10
2008.9
2008.8
2008.7
2008.6
2008.5
2008.4
2008.3
2008.2
2008.1


2007.12
2007.11
2007.10
2007.9
2007.8
2007.7
2007.6
2007.5
2007.4
2007.3
2007.2
2007.1
2006.12
2006.11
2006.10

●全公協・第131回緊急理事会開催報告について

 全公協は、4月1日から「JBC公認競技場新制度」が施行されたことに伴い、今後の対応等を協議するために、緊急理事会を開催して次の通り決めた。
開催日時    平成29年4月14日(金)
会  場    東京都港区・仏教伝道センタービル 会議室
出  席    伊藤会長    藤元副会長    丹下副会長    石田理事    船木理事
       辛島理事    国本理事      水本理事      尾形理事    西澤理事
       熊理事      斉藤理事      森理事        米須理事    金子監事
       檜垣監事    金子事務局長  (17名)
委  任    里見理事    中島理事      大藪理事      高橋理事    山口理事 (5名)
報告事項
第一号議案 全公協の今後の対応と将来像について
1. 今後の対応について
    全公協はボウリング業界の振興・発展のために次の通り対応する
@JBCに対して、レーン認証費用のJBC負担を要望する
    レーン認証は、本来、競技者団体が会員のゲームを公認するために必要な制度であってその為にレーン認証を行っている。その費用を競技場に(ボウリング場)に転嫁しているのは筋違いである。米国では競技者団体の負担や格安な料金で行っている。
    ※後日、JBCに対して要望書を提出する予定
A上記@の実現の為に「レーン認証保留」の公認競技場センターを増やす
    上記@を今後、JBCと交渉し実現を目指すためには、公認競技場センターの一致結束が必要である。従って会員センターの皆様におかれましては「レーン認証保留」に、是非ともご協力をお願いしたい。
    ※後日、全会員センターに「レーン認証保留通知書」を再度送付予定
B平成29年度会費の徴収は見送る
Cスポーツボウリングの発展をはかる
Dスポーツ施設にふさわしい健全な環境を育成する

2.将来像について
全公協は永年培ったスポーツボウリングへの支援、組織間の調整機能等を次の通り発揮する
@当面は、レーン認証保留を受けた公認競技場センターの窓口を全公協が担う
A公認競技場センターの経営基盤の安定に寄与する
Bスポーツボウリングに関する情報交換、公認競技場センターの交流をはかる
Cその他必要と認めた事業を行う


第二号議案 平成28年度事業報告(案)・収支決算報告(案)について
1.平成28年度事業報告(案)
  資料について事務局説明、審議の上、承認した。
2.平成28年度収支決算報告(案)
  資料について事務局説明、審議の上、承認した。
※上記の1・2の資料については、後日、都道府県公協窓口に送付予定

●第132回理事会・第57回定期総会開催予定

全公協は上記の会議を次の通り開催する
開催月日 平成29年5月19日(金)
会  場  東京都千代田区・(公社)糖業協会・会議室
出  席  役員・代議員
議  案  第一号議案 全公協の今後の対応と将来像について
      第二号議案 平成28年度事業報告・収支決算報告・監査報告
      第三号議案 平成29年度収支予算案
      第四号議案 その他

●平成29年度(公社)糖業協会の砂糖啓発活動に協力

(公社)糖業協会のご厚意により、今年も砂糖啓発活動に協力することになりました。
(11年連続)会場センターには大変お世話になりますが、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
啓発期間  平成29年4月10日(月)〜6月10日(土)2カ月間
会  場  全国50センター
啓発内容  横断幕・ポスターの掲示、パンフレットの配布他

「全公協たより139」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ