春らんまん 山菜採りが楽しい

 山菜
山菜
 

●春らんまん 山菜採りが楽しみ 長崎県 セラピスト 末吉 貴浩 氏 53歳

 春たけなわ。ワラビやゼンマイ、ツワブキなどの山菜を採りに行くのが楽しみだ。おひたしもよし。天然のぜいたくな味と香りで旬を味わえる。

 食べることもさることながら、それを採る作業もまた楽しい。春の陽気を浴びながら。山菜を求めて野山を散策する。新緑の香りと澄み切った空気、辺りから聞こえる小鳥のさえずり。それだけで、得も言われぬぜいたく感。

 山菜の群生を見つけた時の感動は何事にも代えがたい。ありったけを採ってしまうのではなく、次に採りに来る人や、来年のために少し残しておく。それが山菜採りのマナーだ。

 今年は数十年ぶりに、家族そろって山菜採りに出かけようと思う。

前の「記事」へ戻る 「全公協たより139」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ