80代・90代もボウリング

 全国長寿ボウラーボウリング大会
全国長寿ボウラーボウリング大会

●80代・90代もボウリング

 中高年が気軽に楽しめるスポーツとして、ボウリングが注目を集めている。「力より技」が重要で、高齢になってからもスコアを伸ばすことができるので、80代、90代でプレーする人も増えつつある。転倒など思わぬケガを防ぐため、プレー前には十分ストレッチをするよう心がけたい。

 日本ボウリング場協会によると、大ブームになった昭和40年代には、全国に約3700か所のボウリング場があった。しかしここ10年ほどは減少し続けており、昨年は784か所まで減ったという。

 ただ、中高年のプレー人口は増加中だ。定期的に月1回以上ボウリングを楽しんでいる男性80歳以上、女性75歳以上の「長寿ボウラー」は、同協会調べで1996年にはわずか54人だったが今年は6940人。ブームを知る世代が戻ってきていると言う。

 筑波大学教授の田中喜代次さん(スポーツ医学)によると、高齢者がボウリングをすることで、筋力や関節の可動域を維持するなどの効果が期待される。さらに、心肺能力も維持されるそうだ。

 「仲間への連絡や予約など実際に頭を使う作業があるほか、外出のきっかけ作りにもなるのでシニアにおすすめの健康スポーツです」と指摘している。

長寿ボウラー「夫婦横綱」
長寿ボウラー「夫婦横綱」

 ボウリング業界もシニア向けの教室や大会などに力を入れている。今月、東京都文京区の「東京ドームボウリングセンター」では、80歳、90歳代の選手らによる大会が開かれた。

 「80歳代の部」2位になった京都市、石原静子さん(84)は、五十肩に悩んだのがきっかけでボウリングを始めた。実際にボウリングをするようになって、肩の痛みはなくなったという。

 93歳の高田金三さん(群馬県)は、「どこを狙うか考える頭脳プレーが醍醐味」と話す。

 実際にボウリングを始めるには、どうしたらいいのか。関東ボウリング場協会事務局長の新井裕道さんが勧めるのは、各地のボウリング場で開かれている「高齢者向け教室」や体験会に参加すること。プロやインストラクターにボールの選び方から丁寧に習うことができる。

 ボールは無理なく持てる重さで、サムホール(穴)が親指の太さに合うものを。「力で腕を振るのではなく、ボールの重さで自然に腕を前後させます。急ぐと転倒にもつながります。自分のペースでゆったりと投げましょう」

 田中さんは、「高齢者は体が硬くなっており、ケガが心配なのでストレッチなどの準備運動をしっかりしましょう」とアドバイスする。ふくらはぎのストレッチは、必ずすることを勧めている。

■ケガを予防し、ボウリングを楽しむための3か条
 (田中さん、新井さんの話などから作成)

@正しい投げ方の基本は「振り子運動」。胸の辺りでボールを構えて前方に腕を伸ばし、その位置からボールの重さで腕を下ろし、そのまま後ろに振る。前に戻して離す。力では振らない
Aプレーの前後には、太ももやふくらはぎのストレッチを行う。普段からウォーキングや筋力トレーニングにも取り組むと、転倒しにくくなる
Bスコアにこだわらず、仲間と一緒にプレーできることを楽しむ

■最寄のボウリング場がどこにあるか、教室が開かれているかなどは日本ボウリング場協会(03−6433−0450)へ問い合わせを。平日の昼間はお得なプランが用意されているボウリング場も多い。

読売新聞9月22日号より掲載

前の「記事」へ戻る  次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ