四家秀治の「ナイス!ピンアクション」-76

 両手投げ
両手投げ
第76回
第75回
第74回

第73回
第72回
第71回
第70回
第69回
第68回
第67回
第66回
第65回
第64回
第63回
第62回
第61回
第60回
第59回
第58回
第57回
第56回
第55回
第54回
第53回
第52回
第51回
第50回
第49回
第48回
第47回
第46回

第45回
第44回
第43回
第42回
第41回
第40回
第39回
第38回
第37回
第36回
第35回
第34回

第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回

第13回
第12回
第11回

 
 第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回

●両手投げ

 今年も、夏休みには、小、中、高校生の全国大会がありました。
それぞれの年代で、ニューヒーロー、ニューヒロインが誕生するのを
目撃するのはうれしいものです。
 今年、高校生の大会で目立ったのは、ご存じの方も多いかもしれませんが、
両手投げ選手の大活躍です。(これは男子についてだけです)
 近年、両手投げの比率はどんどん上がっています。
それは悪いことだとは思いませんが、そのような常識がない時代にボウリングを始めた
私のようなオッサンは、低い姿勢でアプローチを勢いよく歩いて
両手で放り投げるようにリリースする選手が上位を独占しているのを観ると
なんとも不思議な感覚になります。
振り子の動作とか、プッシュアウェイをどうするかとか、
片手投げならではの投球理論は、ほとんど意味をなさなくなっていて、
しかも凄いスコアが出ているという現実。

 PBAではジェイソン・ベルモンテ、オスク・パレルマなど
すでに両手投げのスターが続々生まれています。

背面跳び
背面跳び

 私は一応陸上競技をやっていましたし、観るのも大好きなので、
つい陸上競技を例に挙げたくなるのですが、今や常識となった走り高跳びの背面跳びは、
今から50年近くも前、1968年のメキシコオリンピックで
アメリカのディック・フォスベリーという選手がこの跳び方で優勝し、広まったものです。
誰もやらなかった跳び方なので、当初は笑い者にされ、
「この跳び方は違反である」と言う人もいたそうです。
 しかし、後に、この背面跳びこそが物理学的に見ても
人間が最も高く跳べる方法であると言われるようになり現在に至っています。
 今や世界トップレベルで背面跳び以外の選手を観ることはまずありません。

V字型ジャンプ 葛西紀明選手
V字型ジャンプ 葛西紀明選手

 また、スキーのジャンプでは1980年代半ばにスウェーデンのヤン・ボークレブという選手が
それまではスキーの板をそろえて跳ぶのが常識とされてきたのに、
突然、V字型にスキーの板を開いて跳び、
当初は、飛型点で大幅に減点されながらも
飛距離を伸ばして優勝するという革命的なことをやりました。
そして、これもまた、後に、この跳び方のほうが遠くに跳べることが立証され、
現在ではスキーの板を開かずにジャンプするトップ選手などいなくなりました。
もちろん、飛型点で減点もされません。
 先月話題にさせていただいた陸上短距離のリレーにおける日本の強さが
「今までの常識を破る日本独自のバトンパス」
であるアンダーハンドパス技術取得抜きには語れない
のも皆さんご存じだと思います。
 そして、そのリレーメンバーの3走を務めた桐生祥秀選手は、
ついに日本人として初めて100mで10秒の壁を破りました。
 すばらしいことです。

短距離理論についても付け加えさせていただければ、
かつて日本では100mはスタートダッシュがすべてのように言われていました。
つまり
「100mはスタートダッシュの練習こそが練習の常識」
のように考えられてきたのですが、
それだけでは世界とは戦えず、加速、中間疾走からフィニッシュ、
すべてに技術が伴わなければいけないということが指導者にも理解され、
その大いなる成果が今回の桐生選手の快挙に繋がったのです。

 勿論、常識と言われるものの多くは正しいので、何でも否定から始まってはいけませんが、
どんなジャンルでも
「今までの常識」
を破らないと、新しい技術は生まれません。

両手投げ
両手投げ

 両手投げも初めて見たときは、正直「変な投げ方」と私の目には映りましたが、
今では、そんなに違和感はなくなりました。
…というより、両手投げのほうが、理にかなった投げ方であるという話も最近はよく聞きます。
また、回転をつけやすい、球の威力をつけやすいということも言えるのかもしれません。

 ただ、まだまだ両手投げは解明されていない部分も多いと思います。
皆、かなりいろいろな投げ方をしていますし、それでいいスコアが出る
からいいという結果論的に肯定している要素もあるかもしれません。
両手投げをより理論化し、一つの確固たる技術にできたとき、急速に両手投げは広まっていくでしょう。

走り高跳びの背面跳びや、スキージャンプのV字型飛行のように
いずれ
「両手投げこそはボウリングの最もポピュラーで、且つ理にかなった投げ方」
が証明され、片手で投げるボウラーなどいなくなる日がくるのでしょうか?

四家 秀治 (よつや・ひではる)

四家 秀治 (よつや・ひではる)

元テレビ東京アナウンサ- 2011年7月からはフリ-。テレビ東京在職中は、ボウリングの実況を多数経験。東京運動記者クラブボウリング分科会代表幹事と、武部勤衆議院議員が会長であるボウリング評議会の理事を2011年3月まで務めた

前の「記事」へ戻る  次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ 「全公協たより・目次」へ