●震災時、ココロをほっとさせた「甘いもの」−1●



焼き菓子
 
震災時、ココロをほっとさせた「甘いもの」−1
甘いものが食べたくなるものとその原因

和菓子と洋菓子、どちらが好き?
甘さと日本人-2
甘さと日本人-1
甘い砂糖の癒し効果

和菓子と砂糖の

蜜なる関係−4

和菓子と砂糖の
蜜なる関係−3
和菓子と砂糖の
蜜なる関係−2

和菓子と砂糖の
蜜なる関係−1

スポーツと砂糖-16

スポーツと砂糖-15
スポーツと砂糖-14
スポーツと砂糖-13

スポーツと砂糖-12
スポーツと砂糖-11
スポーツと砂糖-10

スポーツと砂糖-9
スポーツと砂糖-8
スポーツと砂糖-7
スポーツと砂糖-6
スポーツと砂糖-5
スポーツと砂糖-4
スポーツと砂糖-3

スポーツと砂糖-2
スポーツと砂糖-1

悲しい過去をもつ南国の酒−2
悲しい過去をもつ南国の酒−1
織田信長と砂糖−3

織田信長と砂糖−2
織田信長と砂糖−1
子どもの成長に“砂糖の力”が不可欠

砂糖は脳に素早く届くエネルギー
砂糖は笑顔のエネルギー
砂糖は料理のベストパートナー
 
砂糖は米や蕎麦などと同じ炭水化物1g=4k cal
砂糖は料理のベストパートナー

砂糖は運動能力を伸ばすエネルギー源

砂糖で心もカラダもリラックス
砂糖を上手に摂って健康なカラダづくり
砂糖は脳とカラダに大切なエネルギー

砂糖には消費・賞味期限はありません
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠
砂糖は植物から作られた自然食品


砂糖は笑顔のエネルギー

砂糖は料理のベストパートナー
砂糖啓発 オリゴ糖と健康

砂糖啓発 オリゴ糖と健康
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-3
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-2
砂糖啓発 ニッポン放送で「放送された内容」紹介-1
砂糖啓発活動で分かった砂糖の理解度
ニッポン放送で「食生活や健康」のエピソード放送中
平成25年度砂糖啓発活動を実施中
平成25年度砂糖啓発活動を実施
平成25年度砂糖啓発活動に協力
お砂糖の種類と特徴

お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴
お砂糖の種類と特徴


砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は植物からつくられた天然食品
砂糖は、エネルギー補給にも最適!
砂糖を摂るのも、タイミングが大事!
効果的な筋肉づくりに、砂糖が役立つ
砂糖と記憶力
砂糖で心もリラックス
脳のエネルギーはブドウ糖だけ
砂糖の誤解(その3)砂糖と虫歯
砂糖の主成分、ショ糖が調理で大活躍
朝のお菓子と紅茶で起きるのを楽しみに
砂糖は脳の重要な栄養源である-2
砂糖は脳の重要な栄養源である
砂糖ミルク入りコーヒーの効用
砂糖の誤解(その2) 砂糖と糖尿病
砂糖の誤解(その1) 砂糖と肥満
一番甘いのはどの砂糖?
砂糖の賞味期限は?
砂糖の賢い使い方
料理にかかせないすごい力が7つもあります!
子供の成長に“砂糖の力”が不可欠!


砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖と体の関係
砂糖と体の関係
砂糖と健康
砂糖の啓発
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖の啓発活動
砂糖とは何か?
砂糖の始まり

●震災時、ココロをほっとさせた「甘いもの」 宮城大学 食産業学部 食品分子栄養学研究室 准教授 石川 伸一

【はじめに】

 私は3.11の東日本大震災で被災しました。震災後、「甘いもの」への欲求が高まり、1個のケーキの甘さに助けられたという経験をしました。また、多くの被災者の方々からも、甘いお菓子を食べた時、心がほっとしたという話を耳にしました。

 震災時は、多くのストレスが突然襲いかかってきます。これらのストレスを少しでも緩和できる可能性があるのが、普段から食べているスイーツなどの「甘いもの」でしょう。

 実際、脳の唯一の栄養源であるブドウ糖は、「甘いもの」の代表であるショ糖から簡単に作られます。さらに、このブドウ糖は、おだやかな気持ちをつくる脳の神経伝達物質であるセロトニン分泌に重要な働きをしています。

 現在、今後の震災対策として、行政、企業、各家庭での「備蓄食」の重要性が高まっています。主食や主菜などの備蓄食以外にも、ココロをほっとさせる「甘いもの」を保存することが大切です。

1.薄暗い洋菓子店で買った「ケーキ」
 東日本大震災の発生から2日後、情報を求めて仙台市内を彷徨していると、ある洋菓子店の看板に、手書きで「ケーキあります」と、か細い字で書かれた紙が貼られているのを見つけました。吸い寄せられるように中に入ると、停電した薄暗い店内で、きちんと制服姿の女性がケーキを売っていました。売っているケーキは、火を通さなくても作れるクリームのタイプで、3種類あり、どれも330円で販売していました。

 持ち帰ったケーキは夜中、懐中電灯の薄明かりの下で、妻と食べました。妻のちょっと緩んだ表情に何より安心しました。体の細胞1個1個にエネルギーが染み渡る感じで、これまでの人生で食べたケーキの中で、文句なく一番おいしいケーキでした。



2.被災地に送られた「焼き菓子」
 東日本大震災から約半月後、ある新聞のデジタルニュースサイトで「甘いものでほっとして 被災地に焼き菓子177箱送る」というニュースがありました。

 東日本大震災の被災者らに「甘いものでほっとして欲しい」と、神戸や大阪、京都、北海道などの菓子店が、クッキーやマドレーヌなど日持ちする焼き菓子を宮城県石巻市に送った、というものでした。

 呼びかけたのは、関西の菓子店や催しを紹介するホームページ「関西スイーツ」を運営する三坂美代子さんらで、阪神・淡路大震災では、震災後に初めて甘いお菓子を口にした被災者から「ほっとした」という声を聞いたそうです。

 実際に震災をご経験された方々は、さすが被災者の気持ちをよくご存知だと思いました。

3.震災後、街中に漂う「甘いもの」への欲求
 焼き菓子が送られた当時、まだまだ、原発事故が終息していない福島県や物資の届きにくい避難所などでは、食べ物の質、量ともに十分ではないところがたくさんありました。しかし地震から半月経った頃には、地域よってばらつきはありましたが、スーパーマーケットではだいぶ食料品の品揃えが震災前の状態に戻っていたと思います。

 そんな中、私の住んでいる仙台では、ドーナツ屋に長い行列ができる光景が日常となっていました。また、ケーキ屋やたい焼き屋にも長い行列ができているのを見かけました。甘いお菓子でほっとしたいという空気が街にあふれているのを感じ取りました。

(つづく)

砂糖啓発活動ポスタ−
砂糖啓発活動ポスタ−

前の「記事」へ戻る 「全公協たより147」へ 次の「記事」へ進む

 全国ボウリング公認競技場協議会「トップページ」へ  「全公協たより・目次」へ